クレジットカード

クレジットカードの使いすぎ防止!クレカのメリットだけを受けれる確実で唯一の方法

使い過ぎない仕組みさえ作ってしまえばクレカは怖くない!

よくクレジットカードを使いすぎてしまう人は、「クレカを持たない」という選択肢を選ぶ人もいれば、毎月の請求額をみて「使い過ぎてしまった!」と度々ピンチになっている人もいるかと思います。

ただ、「クレカを持たない」という選択肢を選んだ人にとっては、大きな買い物をするときに大金を持ち歩くリスクもありますし、ポイント還元のメリットを享受することもできません。

また、使い過ぎてしまう人はクレカのメリットは享受できているものの、使い過ぎによって、支払い日にまとめてお金を引き落としされることがストレスに感じたり、「せっかくの給料がほとんどない、、」と憂鬱になってしまったりと、本末転倒な結果になってしまっているわけです。

こういった状況を改善するためにネットには「クレジットカードを使い過ぎない〇選!」といった感じで「明細を見る」「限度額を下げる」といった様々な方法が紹介されていますが、ここでは唯一これだけを守れば絶対にうまく付き合える方法を紹介します。

それは、「使った分だけ財布から出し封筒にストックしておく」ことです。

そしてポイントとして、管理を楽にするため1000円単位でストックしていってください。実際に以前、100円単位で私が実践したことがありましたが、小銭がなかったりと出し入れがとても面倒で運用に手間がかかりました。もちろん手間に感じなければ100円単位でもOKなのですが、できるだけ手間をかけなければこの仕組みを継続しやすくなります。

1000円単位の場合、細かい数百円の支払いや端数はどうするの?といった疑問が出ますが、例えば1日で500円くらい使用した日があれば先に1000円をクレジットカード利用分の封筒に入れておきます。2日目に1300円使えば、その日は封筒への出し入れを1000円にする。といった具合です。使った分より上回ってストックしておく分には問題ないわけです。(ついでに貯金をしたい方は、常に100円単位を切り上げてクレカを使用した分をストックしておく方法も有効です)

ここでのポイント
1000円単位で封筒への出し入れをする
常に使った額より上まるように封筒へストックしておく

こうしておくことで、常に自分が使った額も意識できますし、確実に使い過ぎが防止できます。
また、マネーフォワードなどの家計簿ソフトで100円単位などで家計簿を記入しておくと今封筒にいくらあるのか?クレカでいくら利用しているのかといった明細にもなるのでおすすめです。

さて、これで細かい支払いをクレジットカードで支払いすることが可能になりました。実際はIDといったクレジットカードと連動したもの大いに活躍できると思います。
少し話は逸れますが、今はバーコード決済といった方法で色々なキャンペーンを行いユーザーの囲い込みを行なっていますが、私はまだ一度も利用したことがありません。やり方が煩雑ですし、IDがあれば十分だと思っているからです。

高額商品を購入するときはどうするのか?

大きな金額を買い物するときにクレジットカードは最大のメリットを発揮します。大金を持ち歩かなくていいですし、ポイントも相当な額が付きます。以前iMacを購入しましたが、300,000円程でしたのでので3,000ポイント分還元してもらえました。最近のクレジットカードは1%ポイント還元するものが多くあるので1%でもコツコツ貯めるとかなりの額になってきます。やはりこうしたケースを見るとクレジットカードを持っておくメリットを受けたいと思いますね。

クレジットカード利用明細

iMacを購入した時の実際のクレジットカード利用明細。高額商品を買うときは大金を持ち歩くリスクもなくなり、ポイント還元の魅力がもっとも感じられる瞬間!

高額商品を買うときに絶対にやってはいけないクレジットカードの決済方法

まず高額商品を買うときにやってはいけない決済方法ですが、リボ払いや分割払いといった利息のつく支払い方法です。これは自分で支払えないものを買ってしまうわけですから借金をして買ってしまっているようなものです。こういったクレカの使い方をするとクレカのメリットを帳消しにするようなデメリットをもろに受けてしまうわけです。
ですので、高額商品を買う場合も基本的には使ったらクレカ支払い分として現金を移動するのが鉄則です。

私の場合、数万円までの決済は封筒に入れておいてストックしておきますが、高額な商品を買った時などはその分の金額をクレカ支払い用の口座に振り込んだりして対応しています。

注意しておきたいのは、「ボーナスが入るからそれで購入しよう」といった未来の収入に対してクレカを使ってしまうことです。利息も払わないのでクレカのメリットは享受できますが、やはり借金をして買っていることには変わりありません。高額商品であっても未来の収入から使ってしまうことは結局クレカの使いすぎにつながってしまうので「使ったら使った分をストックする」という鉄則を守ることが重要です。

これさえできれば確実にクレカの使いすぎは防止され、毎月の支払いに困ることはなくクレカのメリットだけを享受することができます。

「クレジットカードの使いすぎ防止!クレカのメリットだけを受けれる確実で唯一の方法」への1件のフィードバック

コメントを残す