トルコリラ投資を下落率で検証してみた(はじめてのトルコリラ購入~163日目~)

トルコリラ、ついに27円台に戻るか!と思っていた矢先、25円台に逆戻りしてしまいました。現在、20lotポジションしており、含み損が約45万円、累計スワップポイントが13万円となっており、約32万円の評価損となっています。まだまだ下がるぞとTwitterなどをみると言われていますが、自分としてはそろそろ反転するもしくは、一定の値幅でうろうろしてもおかしくないのではないかと考えています。

トルコリラ投資を下落率で見てみた

トルコリラはいつ反転するのか?そしていつが買いなのか?それは下落率をみると買っても良い時期の参考になるかもしれません。

これは2008年頃からのトルコリラ円の月足チャートですが、100円くらいのレートから25円台まで下がっています。下落率にして75%の下落です。仮に100万円分のトルコリラを購入していたら、25万円分の価値になってしまったということです。ただし、スワップポイントの金利差があるので10年分のスワップポイントがマイナス損益を緩和させてくれます。

さて、下落率についてもう少し細かくみてみることにします。

2015年頃からの下落をみてみると、2015年の1月あたりは51円台でしたが、2016年1月には41円近辺、2017年1月には30円割れとなり、2018年1月は28円近辺となってからの現在、25円台となっています。

この数年を下落率でざっと計算すると

2015年1月→2016年1月
51円台→41円台 下落率約20%

2016年1月→2017年1月
41円台→30円台 下落率約25%

2017年1月→2018年1月
30円台→28円台 下落率約8%

2018年1月→2019年1月
28円台→?円台 下落率約?%

このような感じになります。

2015年1月〜2017年1月にかけては10円以上という下落をしていますが、

仮に30円から20円に下落するということは、値幅的には10円という同じ幅ですが、下落率に換算すると33%程の下落率になってしまいます。

ですので、値幅で単純に計算してみるのは下落率から見るととても大きな値幅の下落を想定していることになってしまうのです。

そこで仮にここ数年で一番下落率が大きかった25%下落を数年先まで当てはめて見ることにします。

2018年1月→2019年1月
28円台→21円台 下落率約25%

2019年1月→2020年1月
21円台→15.75円台 下落率約25%

2020年1月→2021年1月
15.75円台→11.75円台 下落率約25%

このような感じになります。けっこう最悪の結果ですね。

2018年1月に仮に1lot買ったとすると、3年後の2021年1月には28万だった価値が12万弱となってしまいます。ただし、何度も書きますが、3年分のスワップポイントがもらえるので、実際の損失はもっと少なくなります。おおよそですが、平均の価格を真ん中の19円くらいとし、金利が変わらないという仮条件ですとおおよそ10%ほどで3年分になるので19円×10000×10%×3年=57000円となります。この想定では、1lotあたり10万円の損失が予想されます。

では次にここ数年で一番下落率が低かった8%下落を数年先まで当てはめて見ることにします。

2018年1月→2019年1月
28円台→25.75円台 下落率約8%

2019年1月→2020年1月
25.75円台→23.7円台 下落率約8%

2020年1月→2021年1月
23.7円台→21.8円台 下落率約8%

このような感じになります。なかなかありそうな結果ですね。

こちらも仮に2018年1月に1lot買ったとすると、3年後の2021年1月には28万だった価値が22万弱となってしまいます。しかしスワップポイントを考慮すると、平均の価格を真ん中の25円くらいとし、金利が変わらないという仮条件ですとおおよそ10%ほどで3年分になるので25円×10000×10%×3年=75000円となります。この想定では、1lotあたり1.5万円の利益が予想されます。

また、FXはレバレッジがかけられるため、1lotを10万円程度の証拠金で持てば、10万が11.5万円となり、年利にして、約5%の運用をしたということになります。

それならなかなか良いとは思いませんか?もちろんトルコ自体の国に何かあるかもしれません。そうなると下落率が25%の範囲に収まらない可能性もあります。ただ、それは日本でも同じことが言えないわけではありません。

ただ、いまの20円台は悲観モードが漂い、まだまだ下がりそうというときですが、実は底だったということが為替の世界にはあります。過去にもドルの70円台、オーストラリアドルの50円台など、当時買っていたのに手放し後悔してしまった過去が私自身にも2度あります。でも今回のトルコリラ円20円台は当時と同じような気がしており、今回3度目の正直としてトルコリラは全力握力で持ち続けます。

そんな意気込みの中、今後トルコリラを持ち続ける上で気をつけたいのはやはり欲を出して証拠金以上に購入してしまうこと。もし長い下髭が起こり、強制ロスカットされてはもう後悔しか残らないはずです。。そんなことが起こらないためにもいまはもう買い増さず、とにかくじっと耐える。そして

「とにかく持ち続ける」

これを肝に命じて、これから頑張りたいと思います。

あと、あまりチャートをみるのに依存しないように、もってて当たり前、自然とスワップポイントがついてお金が増えてたみたいな感じにしていこうと思います。

トルコリラ戦士のみなさまも一緒にガチホールドしていきましょう。

 

コメントを残す