ビッグマック指数とは

ビッグマック指数とはまさにマクドナルドの・・!

世界各国の物価について調べる際に、必ず出てくるのがその国のマクドナルドで販売されているビッグマックの価格です。これは、その国の経済力や自国に対するその国の為替相場の妥当値を示す一つの指標として「ビッグマック指数」がよく利用されているからです。

ビッグマック指数とは、元はイギリスの経済誌”エコノミスト”が1986年に初めて発表した指数です。ファーストフードチェーンであるマクドナルドは世界各国に店舗を持っており、しかもそのほとんどすべての国で共通的に販売されているのがビッグマックです。

ビッグマックにはバンズ、レタス、牛肉、チーズなど様々な種類の食料品が使用されており、しかもその材料は世界各国でほぼ同一のものが利用されていることから、それぞれの国の物価を端的に比較するための指標として相応しいと考えられたことがビッグマック指数が生まれた経緯のようです。

ビッグマック指数の一般的な使い方としては、まず自国のマクドナルドのビッグマックの価格を知った上で、対象となる国のビッグマックの価格を調べます。自国のビッグマック価格を対象国のビッグマック価格で割ることで、対象国の通貨1単位における自国の通貨の価値の妥当値を割り出すという方法です。

仮に日本のビッグマックの価格を320円とした時、アメリカではビッグマックは3ドルで販売されている場合、320/3=106.7となり、1ドル=106.7円がビッグマック指数的には妥当な為替相場と計算されます。もしもその時点の為替相場が1ドル=106.7円よりも円高の場合、今後は円安基調に流れていく可能性がある、と判断するのがビッグマック指数からの経済予測になるのです。

また、ビッグマックには前述した原材料以外にもビッグマックを作るための人件費も加味されるため、ビッグマック指数をその国の総合的な経済力(購買力)の高さを示す指数として見なす場合もあるようです。

ただし、当然ビッグマックにも問題はあり、いくら多くの種類の食材を使っていると言っても単に一種類のハンバーガーだけでその国の購買力を計ることは無理がある点と、国によってビッグマックに使われる食材の種類が異なったり、サイズが異なることも少なくないため、厳密な比較対象としては相応しくないことも問題点として挙げられています。

さらに、食料品(原材料)の価格がそもそも世界共通の価格ではないため、ごく限られた一部の国(日本、アメリカなどの先進国)以外ではビッグマック指数は適正な数値として判断出来ない問題もあります。 これらの問題から、ビッグマック指数はその国の物価を感覚的に理解するための一つの指標に過ぎないという見方が大勢のようです。

コメントを残す